*All archives   *Admin

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

6/28(木)夜;住民投票マニュアルづくりワークショップ<条例案編>

 住民投票マニュアルづくりワークショップ<条例案編>では、2012年「原発」都民投票の条例案作成時に関わってくださった、南部義典さんを講師としてお招きします。

6/28(木)@飯田橋東京ボランティアセンター会議室C(定員12)
 開場18:30、開始19:00、終了20:40
 参加費;500円(+カンパ歓迎です)
 進行;和食雅子(「原発」都民投票の会代表)

□ 参加申込み;https://goo.gl/forms/l7lPT6yniTMlPBrg2
□メール参加申込み;tomintohyo.nuke@gmail.com
「件名」6月28日参加申込み
「本文」
・お名前
・所属:一般/当会の会員/当会のメーリングリストメンバー
・何で知りましたか?
・電話番号(任意)

​​土台資料として​​当会が作成した
~ ひな形;東京都条例制定請求者(受任者)署名簿(180506作成)~
内にある『東京都民が実施する投票条例案』​利用​します。 ​
​ (当会HP掲載 住民投票マニュアルを作ろう!https://gennpatutominntouhyounokai.jimdo.com/%E4%BD%8F%E6%B0%91%E6%8A%95%E7%A5%A8%E3%83%9E%E3%83%8B%E3%83%A5%E3%82%A2%E3%83%AB%E3%82%92%E4%BD%9C%E3%82%8D%E3%81%86/ ​ )​
​​
///////////////////////////////
「原発」都民投票の会 /////////////////////
https://gennpatutominntouhyounokai.jimdo.com/  /////////
会への連絡
メール:tomintohyo.nuke@gmail.com
twitter:@tomintohyo_nuke
郵便:
〒162-0823
東京都新宿区神楽河岸1-1 セントラルプラザ10階
東京ボランティアセンター 私書箱№17 「原発」都民投票の会

会費(年間1000円)・カンパの振込み先
・三菱東京UFJ銀行 青山通支店 普通
 店番 084 口座番号 0162765
 口座名 原発都民投票の会 共同代表 荒木伸子

・ゆうちょ銀行 普通預金
 記号 10140 番号 30658731
 店名 〇一八(読み ゼロイチハチ)
 店番 018 口座番号 3065873
 口座名「原発」都民投票の会(ゲンパツトミントウヒョウノカイ)

//////////////////////////// ///
スポンサーサイト

「3.11街頭アピール」報告

image1.jpg

2017年3月11日「3.11街頭アピール」署名活動とその訴えを、「原発」都民投票の署名活動の中心となった渋谷ハチ公前で行いました。東日本大震災で亡くなられた方、原発事故関連で亡くなられた方々に思いを馳せ、地震の起こった午後2時46分には黙祷を捧げさせていただきました。通行中の方にも足を止めて黙祷に参加してくださる方がいらっしゃりました。
原発の是非は誰が決めるべきでしょうか。福島第一原発事故の後、各国で原発の是非を巡って国民投票が行われていますが、事故当事国のわが国では、一度たりとも国民に問うたことはありません。私たちは原発事故直後、原発で発電された電気を最も享受してきた者として、また、東京電力の大株主である東京都の主権者として自らの責任を問うべく「原発都民投票条例制定の直接請求」を有効署名数32万筆あまりをもってを行いましたが、当時の石原都知事は制定反対の意見を付し、都議会もこれを否決しました。「原発をやめられない社会をやめる」。原発の運用が民主的合意も得ずに行われるならば、我が国は今後も同じ過ちを繰り返すでしょう。
「区域外避難者の方への住宅支援」がこの3月をもって打ち切られます。避難者の方からは「住宅支援が打ち切られたら、住む所を失う。親子共々路上生活になるしかない」といった悲痛な声を聞きます。全国で最も避難者の多い東京都では、小池百合子東京都知事が「引き続き出来るだけ多くの方々がお住まいいただけるような制度にしていきたい」と述べたことを、12月21日付け読売新聞などが報じましたが、その入居要件の厳しさなどは問題です。避難当事者の「今住んでいる住居に継続して住み続けたい」などの声が、都政に反映される過程の「見える化」が重要です。
7月には都議会議員選挙が行われます。原発に象徴されるような諸問題を、民主的に問うことを厭わない議員・候補者を私たちは応援します。
image2.jpg

3.11街頭アピール

「3.11街頭アピール」署名活動とその訴え

★2017年3月11日午後2時〜3時
★集合場所 渋谷ハチ公前

東日本大震災、それに伴う原発事故から6年が経ちます。
私たち東京都民は福島第一原発の電気を享受してきた者として、東京電力の大株主として自らその責任を問うべきでしょう。
「原発をやめられない社会をやめる」
原発都民投票、並びに原発国民投票を求める署名活動、街頭アピールを行います。午後2時46分には、東日本大震災、原発事故関連で亡くなられた方々を偲び、追悼するため1分間の黙祷を捧げます。是非ご参加下さいませ。

12809597_945090082275459_7528790844508541808_n.jpg

菅直人元首相による「東京250km圏原発の安全性検証委員会設置条例」 直接請求の提案についての当会見解


2017年2月17日 「原発」都民投票の会

 事故6年を迎える本年、2011年3月11日東京電力福島第一原子力発電所事故発生時に総理大臣を務められていた菅直人衆議院議員が自身のブログに上記提案※をされた。
 私たちは、当該委員会を東京都独自に設置することは、これまでに設置されていないことが東京都政の重大欠陥だったと反省すべきほどに、当然のことと考える。
 福島原発事故発生時に、政府内で250km圏内からの避難が検討されたとする菅元首相による証言はリアルなものだ。改めて、現在のみならず数世代に渡る東京都民の命と財産を守る立場からも、当該委員会は設置されるべきだ。
 一方で、東北電力事業圏に設置している世界最大の原発、東電柏崎刈羽原発、事故収束の見えない東電福島第一原発などは、そもそも私たち大消費地東京の電気を賄うためそれぞれ当該地に設置されたものである。私たち都民は、こられを保有する東京電力の株主でもあることからも、むしろ加害者の立場からの独自検証なしに責任を負うことができるのか、根底的反省が求められる。
 私たち都民は、250km圏内の原発に万が一にも事故など災害が起きた場合、立地地住民のみならずグローバルな市民への責任から免れることは出来ない。特に人類史上最大の原発事故は、独自委員会を設置し検証するだけでなく、例えば首都大学東京にこれに関わる研究所を設け長期に渡り研究やモニタリングを続けるなど、更に多様な対応を可能な限り追求する責務を負っていると言わざるを得ない。
 事故6年を迎える今、直接請求という方法や、都議会議員選挙時期などに留めることなく、政党会派などの立場に関わらず、改めて真摯に「開けてしまったパンドラの箱」原子力発電所(核発電所)を正確に見ることを、私たちは都民一人ひとりに訴える。
 また、当該委員会を設置する方法は、東京都民主権者による設置条例提案(直接請求)、東京都議会議員による同条例提案、東京都知事による設置、また、公益や民間の団体・事業者による設置など、都民一人ひとりが自らの立場から自発的内発的に取り組むことが第一義であることを、私たちは訴える。

※ 菅直人 OFFICIAL WEBSITE より
①東京250㌔圏の原発の安全性検証委員会の設置の直接請求
http://n-kan.jp/news/10673.html
②直接請求に関する趣意書(案)
http://ameblo.jp/n-kan-blog/entry-12241725118.html
③250キロ圏の原発
http://ameblo.jp/n-kan-blog/day-20170116.html
④東京250㌔圏の原発の安全性検証委員会の設置の直接請求
http://ameblo.jp/n-kan-blog/day-20170122.html
⑤直接請求運動への反応
http://ameblo.jp/n-kan-blog/day-20170124.html
⑤都議選と脱原発に向けての直接請求
http://ameblo.jp/n-kan-blog/day-20170125.html
⑥台湾が・脱原発を決めた理由”
http://ameblo.jp/n-kan-blog/day-20170127.html

「原発」都民投票の会HP:https://goo.gl/GI3mHs

「くにたち上原景観基金1万人の会」発足&報告集会

16427463_1765151277145395_2071747775704936350_n.jpg
16388318_1765151317145391_7154623468079545281_n.jpg

「くにたち上原景観基金1万人の会」発足&報告集会

【開催趣旨】
 最高裁判所は、昨2016年12月13日、上原公子さんが国立市から3,120万円の支払いを求められていた訴訟について、上原さんの上告を「棄却・上告不受理」する決定を下しました。
市民の要望と公約に従って景観保全をすすめた元市長個人に対する賠償の結果(遅延損害金含めて約4,500万円)は、驚きをもって受け止められ、マスコミ各紙が報じました。司法判断としては、これにより、上原さんの支払い義務が確定してしまいました。
しかし、当時、オール国立で大学通りの景観を守ろうとした市民として、その賠償金を上原さんひとりに払わせないと決意しました。その決意に対して、各界よりご賛同いただいている「呼びかけ人」は100人になっています。また、すでにいくつもの勝手連が立ち上がっています。集会には、それぞれの代表者が参加されます。
 どなたもご参加ください。会場でお待ちしております!
◆参加費:1,000円
◆場所:さくらホール(国立駅南口改札より徒歩1分、旭通り入口日髙屋ラーメン右隣り・商協ビル2F)
http://www.k-shokyo.com/k-shokyo/access.html

【集会プログラム】  
■上原求償裁判・報告 
 上原公子さん/弁護団団長・窪田之喜弁護士
■「くにたち上原景観基金1万人の会」発足について  
 社団法人設立・代表と事務局の紹介:佐々木茂樹(「景観市民の会」)/窪田之喜(弁護団より)
 山内敏弘(一橋大名誉教授)/斉藤駿(カタログハウス)/佐藤和雄(小金井前市長) 
 事務局長:小川ひろみ(「景観市民の会」)
■100人の「呼びかけ人」より発言
 吉原毅さん(城南信用金庫)/鎌田慧さん(ジャーナリスト)/小林緑さん(国立音大名誉教授)ほか
■各地域の勝手連より
 ひろ子がんばれネット・高野幹英さん/景観と住環境を考える全国ネットワーク・上村千寿子さん 
 昭島・市政ウォッチンング・大嶽貴恵さん/市民ネットワーク千葉県・大野博美さん ほか
■歌による応援 ドラゴンママDRAGON MAMA(室田清子さん)
 ※ 当日、記者会見も予定しています。

主催:「くにたち大学通り景観市民の会」・「くにたち上原景観基金1万人の会」準備会
問い合せ先:080-3396-1491(小川)
Email: daigakudori@gmail.com

FBイベントページ https://www.facebook.com/events/1263094313782674/

ピックアップリンク

気になるバナーをクリック!

メールマガジン登録
日々の活動の様子や経過等、最新情報をメールマガジンでお伝えしています!
メールマガジン購読ご希望の方は↑をクリックあるいはこちらのアドレス44805256@ra9.jpに空メールを送信してください。折り返しで登録用のメールが届きます!
各地で勉強会・交流会あります! 地域別情報交流掲示板へ
各市区町村別の掲示板でお近くの方と情報交換ができます!都民投票実現にむけての勉強会など最新情報が充実!

イベント・学習会 情報

【都議会ってなにするところ勉強会】
都議選前の5.20に実施致しました「都議会って何するところ勉強会」の映像と勉強会の内容をまとめたまとめレポート(これを読めば映像を見なくても概要がわかる)です。 目からウロコの都議会ばなし!
 ヽ(‘A`)ノェェェ

 

学習会情報一覧は<こちら>をクリック!

最新記事

検索フォーム

プロフィール

「原発」都民投票の会

Author:「原発」都民投票の会
〒162-0823
東京都新宿区神楽河岸1-1 セントラルプラザ10階
東京ボランティアセンター 私書箱№17
FAX:03-6735-4583
Mail:tomintohyo.nuke@gmail.com

都民投票条例案

東京都に制定を請求する条例案と請求の要旨です。ご覧ください。

請求代表者による意見陳述

6/14総務委員会での意見陳述後、委員会の傍聴席に入りきれなかった多くの人たちのために再現された際の映像。都議会議事堂1階ホールにて。
■請求代表者による意見(PDF形式:223KB)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。