*All archives   *Admin

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【3.1-3.11市民が語る原発】レポート

【3.1-3.11市民が語る原発】レポート
12806193_944715942312873_9137743352874270193_n.jpg

 20116年3月1日より11日までの11日間(二日間雨のため中止)の渋谷ハチ公前における街頭署名とその訴えなどの活動を無事終了いたしました。御参加、御支援など有難うございました。
 活動概要は下記の通りです。

1、渋谷ハチ公前にて3月11日14時46分に吉澤和芳共同代表の合図で黙祷
当日渋谷通行の方も参加していただきました。
2、「原発国民投票の実施を求める署名」「原発都民投票の実施を求める署名(3月1日開始)」を実施。筆数はまだ未整理です。
3、シール投票による『模擬「原発」都民投票』実施
3月5日(土)6日(日)11日(金)の三日間
4、署名の訴えとして連日リレースピーチを実施

3月1日(火)
 久しぶりに「原発都民投票」の旗が渋谷の空に舞う。3月1日はハチ公前で新しい署名活動をスタートした。緑の井之頭線車両左、「確定申告」看板下に旗と横断幕。
 3月1日は第五福竜丸事件と大石又七さんのことを話す。
 若い方が来て質問、先入見がなくプレーンでストレート。週日ののんびりした渋谷の空は広く平和。
 あらためて、4号機の使用中も含めた燃料棒をよくぞ移送し終えたと感慨。2012年2月にはここで「崩落したら横浜以西にすぐ逃げましょう」と言っていたのを思い出した。

3月2日(水)
 ハチ公正面左側(交番のはす向かい)に旗を立てた。
 避難者と都民の責任を中心に訴え。日比谷で集会があるという話、4月9日の勉強会「都民による避難者支援センターの必要を考える」などもスピーチ。

3月3日(木)
 再び「確定申告」看板下(11日まで)に横断幕。
 雲一つない空が渋谷ハチ公前の上に広がっていた。町田から署名の手伝いに駆けつけて頂いて助かった。真っすぐに署名に向かってきた男性から「東電への怒りですよ」という言葉が漏れた。東電前で演説された井戸川克隆さんを思い出す。
 今回(3/1)から吉澤画伯製作『「原発」都民投票の会』幟がデビュー!『「原発」都民投票』幟のピンクより色が強い。署名に来る方は「原発都民投票条例案」都議会否決の過程をご存じの方が多い。

3月4日(金)
 鹿野隆行「みんなで決めよう『原発』国民投票」(運営委員長)アピール。
 高齢のご夫婦に駆け寄ってリーフレットを渡しては説明するは、路上討論会?するはさすが運営委員長。
ロックな山口あずさ「私が東京を変える」(代表)熱くスピーチ。
 82円切符で届けばいいだけの話でしょと「郵政選挙」をまずぶった切り、なぜ「原発」のシングルイシューで選挙ができないのか。メディアがおかしいと迫力ありました。「郵貯マネー」をものともせず最初にゴミ箱に投げ捨て、「金より命」の女性の視点はその通り!山口あずささんが取材した2013年の「リトアニア国民投票」の話もしてくれました。リトアニアの原発で職員が日本から来た山口さんたちに真剣に説明してくれた話。なぜこれだけの事故があって、国民投票ができないのかと。当然のお話しでした。

3月5日(土)
 模擬「原発」都民投票シール投票に参加された着物の高齢女性は福島の方で、東京の人がこういうことをやってくれて嬉しいと語った。吉澤さんは感銘してこの話を何度もスピーチ。愛媛県八幡浜市の原発住民投票直接請求についてもスピーチ。
 午後4時から運営委員によるリレースピーチがハチ公前からスクランブル交差点に響いた。冒頭に、野本が国内各地の原発住民投票直接請求、海外の国民投票の紹介を含んだ「呼びかけ」をアピール。
 山木きょう子共同代表のスピーチ「再稼働なんてとんでもない」のスピーチ、柳浦彰スピーチ「有り余るほどの署名を持って行っても都議会はほとんど審議無しに否決」が特に熱かった。吉澤和芳、古田真人とスピーチ。

12828933_986997808082985_4786742138290870050_o (1)

3月6日(日)
 みやもとたまさん(「原発」国民投票神奈川)が駆けつけた。「原発」国民投票のイベントには必ずの「たまちゃん」。画板で署名活動、国民投票の青いリーフレットを配布。
 2011年10月の「原発」都民投票の署名が始まったばかりの新宿小田急HALC前にも駆けつけて、はじめてトラメガでスピーチしたというみやもとさんがこの日もスピーチ。セシウム、ヨウ素、、、。放射能ブルームが到達した時の話。菅直人元首相による東京東北全て避難の危険があったという話。

3月7日(月)雨のため中止

3月8日(火)
 昨年の「原発埼玉県民投票」運動を飯能でされた女性が署名に来ました。友人が福島市なので行くそうです。高齢者が多く若者が少ないので、、、と言ってられました。
トラメガが二つあったので、今年の愛媛県八幡浜市の原発住民投票運動スピーチと会見、井戸川克隆前双葉町町長の訴えなどをハチ公前に流した。雨が上がった渋谷ハチ公前は暑かった。
 午後2時から渋谷区の「ハチ公」キャンペーン。設営を待っていただいていた感じで恐縮。

3月9日(水)雨のため中止

3月10日(木)
 園良太(脱被ばく実現ネット、辺野古リレー)さんが被ばくについて訴えた。ふくしま集団疎開裁判(第一次)の初期から支援活動を熱心にされている。現在33歳、2011年は28歳、全身全霊「3.11」に対峙する日本を代表する若者世代の活動家である。昨年はパリでも訴えてきた。
彼が2016年の東京渋谷で訴えたのは、東京の人間の被ばくと健康に関する注意喚起でした。
<脱被ばく実現ネット http://fukusima-sokai.blogspot.jp/
 園さんの多面な活動の中でも、極めて重要な意義を持つ活動の一つが「ふくしま集団疎開裁判」。昨日、大津地裁が差し止めの仮処分をした高浜原発裁判の井戸謙一弁護士は「ふくしま集団疎開裁判」の弁護団の一人。井戸謙一さんは金沢地裁の裁判長として、2005年に志賀原発2号機の差し止め判決された。
 柳原敏夫主任弁護士がジュネーブで訴え、国連人権理事会でオーストリア政府が日本の原発事故による被ばくを基本的人権侵害と訴えた瞬間を思い出し話した。きっかけは、青山通りの国連大学前で開かれたフェスだった。
<井戸謙一弁護士の「ふくしま集団疎開裁判」の訴え https://www.youtube.com/watch?v=YqUkrT7ompg

3月11日(金)
 14時46分に吉澤画伯の合図で渋谷ハチ公前で黙祷。通行された方も参加し手を合わされていた。
言葉なし。
 中里高子(Takako@AinohitoTakako)さんが被ばくのことを手にした週刊誌『女性自身』最新号の記事なども交えスピーチ。「ふくしま集団疎開裁判」のこと、福島県健康調査後も医師会の圧力でセカンドオピニオンが受けられないことなど。
<『女性自身』3月22日号特集記事「3.11を忘れない!“風化”という現実――福島ルポ 8割の学校で「立ち入り禁止」の数値が出た!」 http://www.kobunsha.com/shelf/magazine/past?magazinenumberid=3192
 中里さんは「原発」都民投票は賛成反対に分かれて議論がされない状況に議論のプラットフォームを与えるとスピーチ。最後の午後8時まで、「原発」都民投票の会は自由に発言する場を提供しているので参加を!と訴えてくれました。
 われらが山木きょう子共同代表が熱くスピーチ、声がハチ公前に響き渡りました!
 寒い中を凍えるようにして集まった「原発」都民投票直接請求の署名!「私たちは諦めていません!!」事故から5年、これからです。ヤギーこと柳浦彰さんの声も渋谷ハチ公前に響いた。2016年の東京渋谷に社会の健全さを示す涼風という印象でした。
松田公太さんの街宣車が来られていたが配慮いただいた。古田真、吉澤和芳、じょうま貴之と揃いました。鹿野隆行(みんなで決めよう「原発」国民投票運営委員長)も駆けつけアピール。
地震、震災、津波、福島の原発事故5年の3月11日。避難者18万名。

以上、野本(現場責任者)記

12809597_945090082275459_7528790844508541808_n.jpg


スポンサーサイト

『模擬「原発」都民投票』シール投票結果 @渋谷ハチ公前

シール投票20160305-11

『市民が語る原発』 3月1日~3月11日 渋谷駅前街頭活動で行った『模擬「原発」都民投票(シール投票)』の結果です。
多くの方にご参加いただきありがとうございました。

場所 渋谷駅ハチ公口前
投票日時 2016年3月5日・6日 12:00~18:00、11日 12:00~20:00
投票総数 249

【東京電力保有の原子力発電所再稼動に】
賛成 37
反対 212

電力自由化に向けて『教会でソーラー発電 世田谷みんなのエネルギー』

この4月から「電力自由化」がはじまり、私たち一般市民も電力会社を選べるようになります。
当会の共同代表もつとめる山木きょう子さんが共同代表の「世田谷みんなのエネルギー」が毎日新聞(2016.3.4)に掲載されました。
詳しくは「世田谷みんなのエネルギーHP<http://setagaya-energy.jimdo.com/>」をご覧ください。
setagaya.jpg

『市民が語る原発』 3月1日~3月11日 渋谷駅前街頭活動を行います。

【3.1-3.11市民が語る原発】呼び掛け

 東電福島原発事故5年。今や誰の目にもあきらか、原発都民投票・原発国民投票を実施すべきです!

 あらためて、メディアに頼らず普通の市民が生活の言葉で原発を語ることが大事です。無名市民の多様な経験知が声となる路上デモクラシー。この社会基盤が「原発をやめられない社会をやめる」一本の道になると考えます。

 1954年3月1日に太平洋マーシャル諸島ビキニ環礁でアメリカ合衆国による水爆実験が行われました。日本の第五福竜丸に始まる多くのマグロ漁船が被曝しました。いわゆる「第五福竜丸事件」です。国民3500万人に上る「原水禁署名」が行われました。

 2011年3月11日にM9.0の東北地方太平洋沖地震が発生し東京電力福島第一原子力発電所事故が起きました。今なお続いています。

 イタリアでは同年6月12-13日に国民投票が実施され、原発からの撤退を決定しました。国民拒否権の国民投票制度のない日本でも半年を要しましたが、2011年10月9日に国内ニ大都市の私たち東京都民と大阪市民が、地方自治法に基づく原発住民投票を求める条例直接請求の法廷署名を開始しました。それぞれ32万3076人、5万5428人が有効とされ、必要な有権者1/50を超えました。2012年3月27日に大阪市議会、6月20日に東京都議会は賛成少数で否決、原発住民投票は実施されませんでした。

 2012年8月に静岡県有権者17万8240人、11月に新潟県有権者7万2027人、2015年2月に埼玉県有権者6万2760人(不成立)が原発県民投票を求める条例直接請求をしました。静岡県知事は賛成表明をしましたが静岡県議会、新潟県議会は否決しました。海外では、新規原発建設に関して、2012年10月にリトアニア国民投票、2013年1月にブルガリア国民投票、2014年10月に韓国サムチョク市民投票、2015年11月に韓国ヨンドク市民投票などが実施されています。

 今年1月8日には、愛媛県八幡市(有権者約3万人)の1/3にせまる9939人が、四国電力伊方原発稼働の是非を問う住民投票を求める条例直接請求、1月28日に同市議会は否決。日本には常設型などの住民投票制度、国民投票制度がともに未整備です。直接民主制の主権者提案を間接民主制の議会が実態として「承認」する、制度上の矛盾は更なる議論が求められます。

 私たち市民の「大事なことはみんなで決める」声は続きます。「原発都民投票」「原発国民投票」を求める署名と「3.1-3.11市民が語る原発」へのご参加を呼び掛けます。

〇 場所 渋谷駅周辺(連日スタッフ集合は11:30モヤイ像前)その他

〇 日時
 3月1・2・3・4・7・8・9・10日  11:30-14:30
   5日(土)・6日(日)   12:00-18:00
   11日(金)   12:00-20:00

※3月5日(土) 午後4時~渋谷駅頭 当会運営委員によるリレートークあり。
※初日3/1はビキニデー。3.11事故5年です。

〇 活動内容
 1、「原発都民投票」「原発国民投票」などの署名活動
 2、リレートーク:署名の訴えとして「原発」についてのフリースピーチをリレーで実施
  ※その他 「模擬原発都民投票」「模擬原発国民投票」を企画中です

○ ツイキャス、「私が署名したわけ」スチル・カメラ、模擬投票のボランティア・スタッフを募集します。よろしくお願いいたします。

問合せ・メール会員(無料)申込み
E.mail tomintohyo.nuke@gmail.com

「原発」都民投票の幟が目印です。
CcbemEZVIAAknnB.jpg


「四国電力伊方原子力発電所の再稼働の是非を問う八幡浜市住民投票条例」 の制定を求める直接請求に関する緊急声明

 愛媛県の四国電力伊方原子力発電所の隣接市である八幡浜市の9939人に上る有権者が、本年18日に地方自治法74条に基づき「四国電力伊方原子力発電所の再稼働の是非を問う八幡浜住民投票条例」の制定を求める直接請求をしました。市長は今月28日に臨時市議会を招集し条例案を提出しこれを市議会が審議します。

  私たち「原発」都民投票の会は、2012510日に東京都有権者323076人により「東京電力管内の原子力発電所の稼働の是非を問う東京都民投票条例」の制定を求めて直接請求したことより派生した市民グループです。八幡浜市と同じく、街頭や戸別訪問など草の根で市民への広報に始まり、自署捺印の法定署名活動を経験したものとして、署名期間僅か1ヶ月間で、八幡浜市有権者全体3776人(2015121日時点)の約三分の一にせまる有権者による直接請求は、極めて重い意義を持つと訴えます。

  2011311日の東日本大震災に伴い東京電力福島第一原子力発電所事故が起き、現在も47都道府県に約182千人が避難をしています。この中、専門家によるいわゆる「原発安全神話」を鵜呑みにしていた責任を私たち市民は痛感しました。原発稼働の是非は主権者自身が住民投票により判断すべきものと私たちは考えます。福島原発事故後に行われた数々の住民投票条例制定の直接請求の中でも、今回の有権者三分の一に及ぶ署名数は他に類を見ず、常設型(実施必至型)住民投票制度を持つ自治体であれば、議会の審議を経ずして住民投票が行われるべき署名数です。

 愛媛県八幡浜市議会においては実のある議論を行って住民投票条例を可決し、国内自治体で初めての原発再稼働を問う住民投票を実現するべきです。同時に市長は限られた説明会をもとにするのではなく、全八幡浜市民有権者の賛否判断をもとに県知事の原発再稼働容認判断に対し再検討を提起すべきです。

2016127

「原発」都民投票の会 

ピックアップリンク

気になるバナーをクリック!

メールマガジン登録
日々の活動の様子や経過等、最新情報をメールマガジンでお伝えしています!
メールマガジン購読ご希望の方は↑をクリックあるいはこちらのアドレス44805256@ra9.jpに空メールを送信してください。折り返しで登録用のメールが届きます!
各地で勉強会・交流会あります! 地域別情報交流掲示板へ
各市区町村別の掲示板でお近くの方と情報交換ができます!都民投票実現にむけての勉強会など最新情報が充実!

イベント・学習会 情報

【都議会ってなにするところ勉強会】
都議選前の5.20に実施致しました「都議会って何するところ勉強会」の映像と勉強会の内容をまとめたまとめレポート(これを読めば映像を見なくても概要がわかる)です。 目からウロコの都議会ばなし!
 ヽ(‘A`)ノェェェ

 

学習会情報一覧は<こちら>をクリック!

最新記事

検索フォーム

プロフィール

「原発」都民投票の会

Author:「原発」都民投票の会
〒162-0823
東京都新宿区神楽河岸1-1 セントラルプラザ10階
東京ボランティアセンター 私書箱№17
FAX:03-6735-4583
Mail:tomintohyo.nuke@gmail.com

都民投票条例案

東京都に制定を請求する条例案と請求の要旨です。ご覧ください。

請求代表者による意見陳述

6/14総務委員会での意見陳述後、委員会の傍聴席に入りきれなかった多くの人たちのために再現された際の映像。都議会議事堂1階ホールにて。
■請求代表者による意見(PDF形式:223KB)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。