*All archives   *Admin

菅直人元首相による「東京250km圏原発の安全性検証委員会設置条例」 直接請求の提案についての当会見解


2017年2月17日 「原発」都民投票の会

 事故6年を迎える本年、2011年3月11日東京電力福島第一原子力発電所事故発生時に総理大臣を務められていた菅直人衆議院議員が自身のブログに上記提案※をされた。
 私たちは、当該委員会を東京都独自に設置することは、これまでに設置されていないことが東京都政の重大欠陥だったと反省すべきほどに、当然のことと考える。
 福島原発事故発生時に、政府内で250km圏内からの避難が検討されたとする菅元首相による証言はリアルなものだ。改めて、現在のみならず数世代に渡る東京都民の命と財産を守る立場からも、当該委員会は設置されるべきだ。
 一方で、東北電力事業圏に設置している世界最大の原発、東電柏崎刈羽原発、事故収束の見えない東電福島第一原発などは、そもそも私たち大消費地東京の電気を賄うためそれぞれ当該地に設置されたものである。私たち都民は、こられを保有する東京電力の株主でもあることからも、むしろ加害者の立場からの独自検証なしに責任を負うことができるのか、根底的反省が求められる。
 私たち都民は、250km圏内の原発に万が一にも事故など災害が起きた場合、立地地住民のみならずグローバルな市民への責任から免れることは出来ない。特に人類史上最大の原発事故は、独自委員会を設置し検証するだけでなく、例えば首都大学東京にこれに関わる研究所を設け長期に渡り研究やモニタリングを続けるなど、更に多様な対応を可能な限り追求する責務を負っていると言わざるを得ない。
 事故6年を迎える今、直接請求という方法や、都議会議員選挙時期などに留めることなく、政党会派などの立場に関わらず、改めて真摯に「開けてしまったパンドラの箱」原子力発電所(核発電所)を正確に見ることを、私たちは都民一人ひとりに訴える。
 また、当該委員会を設置する方法は、東京都民主権者による設置条例提案(直接請求)、東京都議会議員による同条例提案、東京都知事による設置、また、公益や民間の団体・事業者による設置など、都民一人ひとりが自らの立場から自発的内発的に取り組むことが第一義であることを、私たちは訴える。

※ 菅直人 OFFICIAL WEBSITE より
①東京250㌔圏の原発の安全性検証委員会の設置の直接請求
http://n-kan.jp/news/10673.html
②直接請求に関する趣意書(案)
http://ameblo.jp/n-kan-blog/entry-12241725118.html
③250キロ圏の原発
http://ameblo.jp/n-kan-blog/day-20170116.html
④東京250㌔圏の原発の安全性検証委員会の設置の直接請求
http://ameblo.jp/n-kan-blog/day-20170122.html
⑤直接請求運動への反応
http://ameblo.jp/n-kan-blog/day-20170124.html
⑤都議選と脱原発に向けての直接請求
http://ameblo.jp/n-kan-blog/day-20170125.html
⑥台湾が・脱原発を決めた理由”
http://ameblo.jp/n-kan-blog/day-20170127.html

「原発」都民投票の会HP:https://goo.gl/GI3mHs

「くにたち上原景観基金1万人の会」発足&報告集会

16427463_1765151277145395_2071747775704936350_n.jpg
16388318_1765151317145391_7154623468079545281_n.jpg

「くにたち上原景観基金1万人の会」発足&報告集会

【開催趣旨】
 最高裁判所は、昨2016年12月13日、上原公子さんが国立市から3,120万円の支払いを求められていた訴訟について、上原さんの上告を「棄却・上告不受理」する決定を下しました。
市民の要望と公約に従って景観保全をすすめた元市長個人に対する賠償の結果(遅延損害金含めて約4,500万円)は、驚きをもって受け止められ、マスコミ各紙が報じました。司法判断としては、これにより、上原さんの支払い義務が確定してしまいました。
しかし、当時、オール国立で大学通りの景観を守ろうとした市民として、その賠償金を上原さんひとりに払わせないと決意しました。その決意に対して、各界よりご賛同いただいている「呼びかけ人」は100人になっています。また、すでにいくつもの勝手連が立ち上がっています。集会には、それぞれの代表者が参加されます。
 どなたもご参加ください。会場でお待ちしております!
◆参加費:1,000円
◆場所:さくらホール(国立駅南口改札より徒歩1分、旭通り入口日髙屋ラーメン右隣り・商協ビル2F)
http://www.k-shokyo.com/k-shokyo/access.html

【集会プログラム】  
■上原求償裁判・報告 
 上原公子さん/弁護団団長・窪田之喜弁護士
■「くにたち上原景観基金1万人の会」発足について  
 社団法人設立・代表と事務局の紹介:佐々木茂樹(「景観市民の会」)/窪田之喜(弁護団より)
 山内敏弘(一橋大名誉教授)/斉藤駿(カタログハウス)/佐藤和雄(小金井前市長) 
 事務局長:小川ひろみ(「景観市民の会」)
■100人の「呼びかけ人」より発言
 吉原毅さん(城南信用金庫)/鎌田慧さん(ジャーナリスト)/小林緑さん(国立音大名誉教授)ほか
■各地域の勝手連より
 ひろ子がんばれネット・高野幹英さん/景観と住環境を考える全国ネットワーク・上村千寿子さん 
 昭島・市政ウォッチンング・大嶽貴恵さん/市民ネットワーク千葉県・大野博美さん ほか
■歌による応援 ドラゴンママDRAGON MAMA(室田清子さん)
 ※ 当日、記者会見も予定しています。

主催:「くにたち大学通り景観市民の会」・「くにたち上原景観基金1万人の会」準備会
問い合せ先:080-3396-1491(小川)
Email: daigakudori@gmail.com

FBイベントページ https://www.facebook.com/events/1263094313782674/

原発埼玉県民投票の記録集「民主主義を掘り起こす」の完成のお知らせ

DSC00372s.jpg

当会も賛同し、支援に入った「原発埼玉県民投票」の直接請求活動でしたが、残念ながら署名数が足りず、直接請求には至りませんでした。
しかし、その後も粘り強い活動が続けられ、この度「記録集」が完成しました。今後の住民投票、直接請求活動に大いに参考になるものと思います。是非ご高覧くださいませ。

以下、編集委員の樋口憲二さんより
・・・・・・・・・・・・・・・・・
県民投票の記録集「民主主義を掘り起こす」の完成のお知らせ

こんにちは、樋口です。

原発埼玉県民投票の記録集「民主主義を掘り起こす」がやっと
出来上がりました。(表紙写真添付)

単なる記録としてではなく、今後の市民運動のあり方や方法にも
参考になりますので、多くの方々に読んでいただきたいと思います。

◆概要
・タイトル:民主主義を掘り起こす -原発埼玉県民投票記録集-
・発  行:原発埼玉県民投票記録集編集委員会
・発 行 日:2017年2月1日
・大きさ等:B5版(約縦257×横182×厚7mm)、120ページ、約240g
・販売価格:500円(税込み)+送料

◆目次
・はしがき
・埼玉県地図

【座談会】― 県民投票運動から見えてきたこと ―
・住民運動の可能性 .人口一〇万人以上の市.
 出席:新座市/川口市/さいたま市/越谷市/上尾市
 フリートーク・県民投票運動から見えてきた[1]

・民主主義を掘り起こす .人口五~一〇万人の市.
 出席:志木市/鶴ヶ島市/飯能市/行田市/さいたま市桜区/加須市
 フリートーク・県民投票運動から見えてきた[2]

・山里つなぐネットワーク .県北・県西の市町村.
 出席:皆野町/秩父市/小鹿野町/長瀞町/神川町/寄居町/小川町/
滑川町/鳩山町/越生町/深谷市/熊谷市/嵐山町
 フリートーク・県民投票運動から見えてきた[3]

【地域からの報告】
・めげず、たゆまず、へこたれず (草加市)
・農業に生きる者として     (寄居町)
・もっと大きく構えていれば   (所沢市)
・知人・友人の少ない地域で   (羽生市)
・すばらしい体験でした     (横瀬町)
・手応えは予想を超えたが    (吉見町)
・前近代的な風土もあって    (深谷市)
・現実とぶつかり合うなかで   (川口市)
・集められなかった要因     (八潮市)
・こんなに頑張って二%?    (新座市)
・一人一人との対話を大切に   (飯能市)
・民主主義は育っている     (さいたま市)
・お母さんたちのつながりで   (森の測定室)
・保育園・幼稚園での取り組み  (上尾市)

【座談会】
・ここで苦労しました! 署名集めのルール

【準備会事務局として】
・経過と結果を振り返る 原発埼玉県民投票準備会 事務局
 <資料> 作業内容と県内外サポーターの作業一覧
 <資料> 県議会への請願
 <資料> 事務局活動の経過

・老人医療の無料化を直接請求

・なぜ一二万筆を集められなかったのか
 <資料> 県民投票ロードマップ/署名数集計表/三つ折りチラシ
      (初期モノクロ)/キックオフチラシ 吉原 毅/
      新聞報道等/写真/原発県民投票中間報告 上原公子/
      中間報告賛同人メッセージ/新聞記事/
      「原発」埼玉県民投票 三つ折りチラシ/
      「原発に関する埼玉県民投票条例」制定を求める請願/
      A5チラシカラー版/

・埼玉県民投票テーマソング(作詞.作曲 PIKA☆)
・会計報告
・編集後記
・あとがき

表紙の写真を添付します。

◆申し込み方法
ご希望の方は樋口(090-7014-1465、cxh02375@nifty.com)または
野田(090-7702-4939)までお申し込みください。
その際、冊数、ご連絡先、ご希望の送付方法をお知らせください。
送金方法や送料をお知らせします。

※樋口は2月中旬1週間ほど対応ができない期間がありますが、
 ご容赦ください。

◆代金・送料の振込み先:
・ゆうちょ銀行(振込先)
 名  義:ノダ チカコ
 記  号:10350
 口座番号:74008961

・他の銀行等から送金の場合
 店  名:〇三八(ゼロサンハチ)
 口座番号:7400896
 名  義:ノダ チカコ

※口座番号注意!
 ゆうちょ銀行から振込む場合と他の銀行から振込む場合とで
 口座の桁数が異なり、他の銀行等から振込む場合は末尾の数字が
 一つ減ります。

★★★特別頒布会のお知らせ★★★
2月5日(日)18:00~19:00に浦和駅東口前パルコ上9階のさいたま市
市民活動サポートセンター ラウンジで頒布会を開催します。
ご都合のつく方はおいでください。
何冊もまとめてご購入してくださる方は、事前に樋口までご連絡ください。

市民活動サポートセンターのロッカーにもストックを置きますので、
上記頒布会以後、浦和においでの方は野田さんまでご連絡ください。

また、同じ日の下記イベントでも頒布予定ですが、冊数に限りがありますので、
ご了解願います。
・10:00~12:00 武蔵浦和コミュニティセンター 井戸川克隆さん講演会
・15:00~17:00 カフェギャラリー南風・蔵の家 原発ワイワイCafe・さいたま

樋口 憲二

ピックアップリンク

気になるバナーをクリック!

メールマガジン登録
日々の活動の様子や経過等、最新情報をメールマガジンでお伝えしています!
メールマガジン購読ご希望の方は↑をクリックあるいはこちらのアドレス44805256@ra9.jpに空メールを送信してください。折り返しで登録用のメールが届きます!
各地で勉強会・交流会あります! 地域別情報交流掲示板へ
各市区町村別の掲示板でお近くの方と情報交換ができます!都民投票実現にむけての勉強会など最新情報が充実!

イベント・学習会 情報

【都議会ってなにするところ勉強会】
都議選前の5.20に実施致しました「都議会って何するところ勉強会」の映像と勉強会の内容をまとめたまとめレポート(これを読めば映像を見なくても概要がわかる)です。 目からウロコの都議会ばなし!
 ヽ(‘A`)ノェェェ

 

学習会情報一覧は<こちら>をクリック!

最新記事

検索フォーム

プロフィール

「原発」都民投票の会

Author:「原発」都民投票の会
〒162-0823
東京都新宿区神楽河岸1-1 セントラルプラザ10階
東京ボランティアセンター 私書箱№17
FAX:03-6735-4583
Mail:tomintohyo.nuke@gmail.com

都民投票条例案

東京都に制定を請求する条例案と請求の要旨です。ご覧ください。

請求代表者による意見陳述

6/14総務委員会での意見陳述後、委員会の傍聴席に入りきれなかった多くの人たちのために再現された際の映像。都議会議事堂1階ホールにて。
■請求代表者による意見(PDF形式:223KB)