*All archives   *Admin

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「4.21,宮台真司にきけ!都民投票のココロin多摩」に参加して

kokoro2.jpg

 宮台さんのワークショップは、毎回、刺激的だ。
 立川で開かれたワークショップは、各地域で署名活動を終えた受任者らが45人ほど集まり、熱気に溢れていた。宮台さんからまず「原発を止められない日本と子育て」についての講演があり、6つに分かれたテーブルに、3つの具体的な問いが出された。
①「福島の原発災害にみられるような政治的行政的失態は、どのような社会だからもたらされたのか」
②「何に失敗したか。どこに問題をかかえているか」
③「子育て、教育を通じて、私たちは何をしなければならないか」

 私たちのテーブルでは、①の「政治的行政的失態」に関して、決定プロセスが市民に開かれていない問題について話し合った。その意味で私たちは、いま、原発の是非を問う都民投票条例の制定を都議会に求めて活動している。とても寒い時期であったが、都民が膨大に消費している原発エネルギーについて、消費地としての今後の責任について、私たち都民は街頭で自由に語りあう初めての経験を持つことができたことを確認した。次に、③の教育について、文科省が2012年度配布予定の「放射能教育・副読本」が、これまでの放射能教育とどれほどの変化があるのか、大いに疑問がある問題など具体的に話した。町田市など独自パンフレットを作って配布している地域もあるようだ。原発安全神話・放射能安全神話ではない、3.11以降の新たな価値観に基づく情報や教材が必要だ。
テーブルごとに報告を行ったが、ワークショップは楽しく、時間がもっと欲しかった。
宮台さんは、報告を聞いて、印象的なコメントをいくつか残された。
A.デンンマークで行われた「コンセンサス会議」はエネルギー自治に向けて活かされていった。会議ではぶつかること(カオス・未規定・ノイズ)も多いが、会議を楽しむことが大切。例えば、10歳以下の子どもを森で遊ばせると、森の諸々のカオス・未知を通じて、確実に成長していくことがわかる。
B.芸術(映画など)に触れた時、KYでよい(空気は読まなくてよい)から、まず、自分が感じたままに表現すること、自分の欲望を第一にすることが何より大事。
C.エネルギー問題を、東電任せにしてきた私たち。任せてブーたれてきた私たち。しかし、批判だけしている場合じゃない。子どもには特に、「この人みたいになってみたい」と思わせるような大人のロールモデルが必要だ。

kokoro3.jpg

 宮台さんは、飯田哲也さんとの新書においても、「社会のあり方を一切疑わずに済むようなタイプの知識の習得はもうやめよう」と繰り返し語っている。子どもの時から、自然に触れて刺激的な体験を重ね、ワークショップなどの討議を通して、本質的な事柄を考える習慣を身につけること。その際、「このメッセージは誰の利益を体現しているのか」までを鋭く問うメディアリテラシーの視点が欠かせない。今回も、宮台さんの鮮明な言葉の数々に触れて、私たちおとなの堅まった頭もそうとう刺激され、揺さぶられた。宮台さんはブログの中で、ワークショップ体験は「学びほぐし」だと書いておられる。要は、ワークショップやコンセンサス会議を単発で終わらせず、例えば、ドイツのように脱原発社会への移行が具体的に掴めるところまで、5年10年と腰を据えて続けていくことだ。

kokoro1.jpg
 
さて、私たちが集めた原発都民投票を求める署名、都民32万3076筆は、いま、都知事に手渡された。私たちは、都知事と124名の都議会議員が、住民投票に対してどのような態度表明をおこなうのか、誰の利益を重んじて発言するのかを、しっかりチェックするよう活動している。都議会議員は、20数年振りの直接請求によってココロを揺さぶられ、開かれた熟議の場としての都議会の姿を示し、なおかつ、民主主義に沿った都民の活動をけっして阻止しないとの結論を出す責任がある。

               4.21ワークショップ参加者 小川@くにたち

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【「4.21,宮台真司にきけ!都民投票のココロin多摩」に参加して】

 宮台さんのワークショップは、毎回、刺激的だ。 立川で開かれたワークショップは、各地域で署名活動を終えた受任者らが45人ほど集まり、熱気に溢れていた。宮台さんからまず「原

コメント

コメントを残す

Secret


ピックアップリンク

気になるバナーをクリック!

メールマガジン登録
日々の活動の様子や経過等、最新情報をメールマガジンでお伝えしています!
メールマガジン購読ご希望の方は↑をクリックあるいはこちらのアドレス44805256@ra9.jpに空メールを送信してください。折り返しで登録用のメールが届きます!
各地で勉強会・交流会あります! 地域別情報交流掲示板へ
各市区町村別の掲示板でお近くの方と情報交換ができます!都民投票実現にむけての勉強会など最新情報が充実!

イベント・学習会 情報

【都議会ってなにするところ勉強会】
都議選前の5.20に実施致しました「都議会って何するところ勉強会」の映像と勉強会の内容をまとめたまとめレポート(これを読めば映像を見なくても概要がわかる)です。 目からウロコの都議会ばなし!
 ヽ(‘A`)ノェェェ

 

学習会情報一覧は<こちら>をクリック!

最新記事

検索フォーム

プロフィール

「原発」都民投票の会

Author:「原発」都民投票の会
〒162-0823
東京都新宿区神楽河岸1-1 セントラルプラザ10階
東京ボランティアセンター 私書箱№17
FAX:03-6735-4583
Mail:tomintohyo.nuke@gmail.com

都民投票条例案

東京都に制定を請求する条例案と請求の要旨です。ご覧ください。

請求代表者による意見陳述

6/14総務委員会での意見陳述後、委員会の傍聴席に入りきれなかった多くの人たちのために再現された際の映像。都議会議事堂1階ホールにて。
■請求代表者による意見(PDF形式:223KB)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。