*All archives   *Admin

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

7/9朝刊読み比べ 鹿児島県知事選挙 翌日

昨日は鹿児島県知事選挙の投開票が行われました。

結果は、現職の伊藤祐一郎が394170票で当選。
新人の向原祥隆氏は200518票、気になる投票率は43.85%でした。


今回の鹿児島県知事選挙は、
原発全基停止を経ての大飯原発再稼働決定後、初の原発立地県での首長選挙でした。

「原発再稼働の是非について」は、この首長選で争点となりえたのか?

「原発」都民投票条例の審議では、原発問題は住民投票にはなじまない、
民意は選挙で示すべきだとの声も聞かれました。

原発についての民意を首長選で示すことができるのか?
意思表示の手段として、選挙だけでなく住民投票という回路も必要なのではないのか?

皆さんも一緒に考えませんか?



本日は新聞休刊日なので、Web記事を集めてみました。



読売新聞では、「原発再稼働容認」という見出しがのぼり、
川内原発の再稼働の是非が明確な争点となった上で、再稼働容認という住民の意思が示されたようにも読めます。

『鹿児島知事選で伊藤氏再選、原発再稼働容認』
読売新聞 2012年7月9日




産経新聞では、川内原発再稼働を容認する伊藤氏は、
選挙戦でエネルギー問題以上に、県財政再建の実績や生活基盤の充実を訴えた。
向原氏は、原発の危険性を指摘し、川内原発の再稼働拒否と速やかな廃炉を求めていた。
とあり、

現職の伊藤氏は、争点を「川内原発再稼働の是非」に絞っていたわけではないようです。

『鹿児島知事選投票始まる 現職と新人一騎打ち』
産経新聞 2012年7月8日



毎日新聞によると、伊藤氏は戦術として
エネルギー問題にあまり触れず、21世紀の鹿児島像やアジアの活力を取り込んだ産業振興などを訴えることを徹底し、広く支持を集めた、と分析されています。

『鹿児島知事選:伊藤氏が3選…反原発の新人破る』
毎日新聞 2012年7月9日



さらに、日経新聞によると、伊藤氏は将来の「脱原発」を掲げたうえで、
「新エネルギーへの転換には30年かかる」として、川内原発の再稼働を容認する姿勢を示し、
また10年に自らが同意した川内原発3号機の増設計画についても、任期中は凍結する考えを表明しており、

即時廃炉を訴える向原氏に比べて、「緩やかな原発推進」とも「段階的原発廃止」ともとれるはっきりさせない立場を示しています。

これは、民主党での「原発」都民投票条例の修正案作成の時、
設問の選択肢を増やすべきか否かが議論されたことを思い出させます。

選択肢を増やすことは、多様な意思を斟酌することになるのか、それとも住民の意思を曖昧にすることになるのか、
皆さんはどう思いますか?

『鹿児島知事選、現職の伊藤氏が3選 「一定の原発再稼働は必要」 』
日本経済新聞 2012年7月9日


朝日新聞によると、
再稼働を容認する伊藤氏について、民主、自民、公明、国民新の各党が事実上の「相乗り」で支援したほか、県農民政治連盟や連合鹿児島など100を超える団体が推薦し、支援組織を手堅くまとめたそうです。

『鹿児島知事選、現職・伊藤氏が3選 反原発の新顔破る』
朝日新聞 2012年7月9日


一般に、投票率が低かった場合は組織票の影響が大きくなると言われています。

政治不信が言われる今だからこそ、一票一票の重みを大事にしてほしいと思います。

投票率をあげること、は 今とても重要なのではないでしょうか?

昨年の東京都知事選挙の投票率は57.80%でした。



原発をめぐる住民投票の投票率は実際どのくらいだったのか調べてみました。

1996年巻町における原子力発電所建設についての住民投票が88.29%
2001年刈羽村、柏崎刈羽原発のプルサーマルの是非を問う住民投票が88.14%
2001年原発誘致の賛否を問う三重県海山町の住民投票が88.64%


自分の意思を託せる人を選ぶ選挙と、自分の意思を直接示せる住民投票。

あなたの投票行動では違いがありますか?


原発問題に住民投票はなじまないか?もっと考えてみたい方にこちらの論文記事をご紹介します。
ぜひ読んでみてください。

『巻町原発住民投票と住民参加』
 榊原秀訓(名古屋経済大学教授) 法学セミナー 1996/1[No.503]



【よこっち】

トラックバック

コメント

京都府知事選挙の投票率は?
全面一騎打ちで双方総力戦が、原発容認現職も「相乗り逆効果」で36.6%!忘れられない悪夢!

これだけの未曾有の事態で、将来の子どもたちの命が掛かってるのに、全政党が容認、反対の共産には投票できないと。山本太郎さん応援に必死に駆けつける。

都議選、総選挙も同じ構図になりそう?中山千夏の革自連のように数議席とって喜ぶ市民運動も起こるのかな?選挙が出来ない事も「想定」かな?
  • 2012-07-10│22:14 |
  • 野本耕作 URL│
  • [edit]

コメントを残す

Secret


ピックアップリンク

気になるバナーをクリック!

メールマガジン登録
日々の活動の様子や経過等、最新情報をメールマガジンでお伝えしています!
メールマガジン購読ご希望の方は↑をクリックあるいはこちらのアドレス44805256@ra9.jpに空メールを送信してください。折り返しで登録用のメールが届きます!
各地で勉強会・交流会あります! 地域別情報交流掲示板へ
各市区町村別の掲示板でお近くの方と情報交換ができます!都民投票実現にむけての勉強会など最新情報が充実!

イベント・学習会 情報

【都議会ってなにするところ勉強会】
都議選前の5.20に実施致しました「都議会って何するところ勉強会」の映像と勉強会の内容をまとめたまとめレポート(これを読めば映像を見なくても概要がわかる)です。 目からウロコの都議会ばなし!
 ヽ(‘A`)ノェェェ

 

学習会情報一覧は<こちら>をクリック!

最新記事

検索フォーム

プロフィール

「原発」都民投票の会

Author:「原発」都民投票の会
〒162-0823
東京都新宿区神楽河岸1-1 セントラルプラザ10階
東京ボランティアセンター 私書箱№17
FAX:03-6735-4583
Mail:tomintohyo.nuke@gmail.com

都民投票条例案

東京都に制定を請求する条例案と請求の要旨です。ご覧ください。

請求代表者による意見陳述

6/14総務委員会での意見陳述後、委員会の傍聴席に入りきれなかった多くの人たちのために再現された際の映像。都議会議事堂1階ホールにて。
■請求代表者による意見(PDF形式:223KB)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。