*All archives   *Admin

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

静岡県民投票 なぜ修正案を出せないのか?

静岡県民投票についての続報です。

川勝平太知事は条例案提出にあたって、住民投票の実施に賛意を示した上で、
条例案に10項目の「問題点」を指摘。
「適切に修正し、条例案を磨いてもらいたい」と審議する県議会側に修正を求めていました。

『知事、県議会に修正要請/原発住民投票』
2012年09月20日 朝日新聞 静岡


この、知事意見を受けて、県議会各会派は協議に入ったわけですが、
現時点で、条例修正案の提出を決めた会派があるとの報は入って来ません。


県議会最大会派の自民改革会議中谷多加二代表)は会派としての修正案を出さない方針を固めたようです。

自民党県連幹事長の杉山盛雄県議は
大幅に修正すると趣旨が変わり署名した人たちの意思が反映されない」と修正案の提出はしない方針を言明しています。



知事与党である第二会派、民主党・ふじのくに県議団野沢義雄会長)は、
28日に議員総会を開き修正案を提出するかどうか議論しましたが、結論はでていません

修正素案は出されたものの、提出するかどうかの方針が決まらないため、修正内容についての議論に入れないようです。

議員総会後に会見した野沢会長は
「会派が分裂するなどという事態は避けたい。議論をさらに深めて、会派としての方向性を決めたい」と語っています。
同県議団は来月2日に再び議員総会を開き、会派としての方針決定を目指すそうです。

『県民投票条例案、修正案結論出ず ふじのくに県議団』
2012.9.29 02:01 産経新聞 静岡





■ 自民改革会議

26日、請求代表者の鈴木望氏と非公式な意見交換を行う。

条例案を提出した市民団体「原発県民投票」の鈴木望代表が、成立のため条例案の修正もやむを得ないと述べたが、
中谷多加二代表は「署名した人に対し説明がつかないし、趣旨も変わってしまう。会派として修正案を出すことはできない」との考えを示した。

『自民改革会議に請求代表者が説明 県民投票条例案』
2012.9.27 02:02 産経新聞

『自民、修正案出さず/原発住民投票巡り』
2012年09月27日 朝日新聞 静岡


■ 民主党・ふじのくに県議団

26日 議員総会 幹部から初めて修正素案が示されたが、住民投票実施への賛否がまとまっていないため修正素案の検討に入れず。

『浜岡原発:県民投票条例案、民主が修正素案提示 自民、代表招き意見交換』
毎日新聞 2012年09月27日 地方版

27日 役員会で投票実施のために必要とされる修正案を、会派としては提出しない方針を決めた。

『県民投票、厳しい情勢 修正案出ず、浜岡再稼働』
2012.9.28 北海道新聞
『浜岡再稼働県民投票条例 民主、修正案提出せず』
2012.9.28 02:07 産経新聞

28日 議員総会(非公式) 意見がまとまらないまま閉会

『民主、結論先送り/原発住民投票条例案』
2012年09月29日 朝日新聞 静岡

10月2日 議員総会

『浜岡投票条例 異論噴出で結論出ず』
2012年9月29日 中日新聞





自民党の皆さんに伺いたいです。

中部電力浜岡原発(御前崎市)の再稼働の是非を問う県民投票条例を実施したいという
署名者の想いを損なわない修正案はつくれないものなのでしょうか?

住民提案の議案だから不備がある、と思うのであれば、
住民の意思を尊重したうえで、よりよい条例案にするにはどうすればよいのか議会で議論するのが、
住民の代表である議員の皆さんではないのでしょうか?

条例案を提出した市民団体「原発県民投票」の鈴木望代表は成立のため条例案の修正もやむを得ないと述べています。

「原発」都民投票条例案に署名した私たちの例をあげれば、
選択肢を三択にするという修正案は趣旨が変わってしまうと反対しました。

しかし、総務委員会に提出された修正案には、都民投票が実現することを願い、可決されるよう支持しました。


■『「民主、修正案作成へ」 読売新聞/東京新聞 5月23日朝刊』

■『レポート 8/1「原発」都民投票都議会報告会in世田谷&渋谷&調布』



私たちは見ています。

他県の県議会とはいえ、会派として政党の名前をつけている以上、
次の衆議院選挙や、都議会議員選挙でも、投票行動の参考になることでしょう。


静岡県議会総務委員会にて10月4日5日に「第133号議案中部電力浜岡原子力発電所の再稼動の是非を問う県民投票条例について」の集中審査の予定です。
傍聴は抽選となるようです。

■ 総務委員会(10月4日、5日)の傍聴について

【静岡県議会 総務委員会】(定数10:自6、民3、公1)

委員長 :山田誠  自民改革会議
副委員長:増田享大 自民改革会議、源馬謙太郎 民主党・ふじのくに県議団
多家一彦  自民改革会議
落合愼悟  自民改革会議
渡瀬典幸  自民改革会議
中谷多加二 自民改革会議
櫻町宏毅  民主党・ふじのくに県議団
佐野愛子  民主党・ふじのくに県議団
蓮池章平  公明党静岡県議団



【よこっち】

トラックバック

コメント

都民投票反対
あなた方は、原発の地元市町村民を知っていますか? あなた方が出した結論は地元市町村民にとってありがたく受け入れられるものですか?是か否かの単純な問題ではないのです。市町村民の今後の生活のための「具体的な」工程表が示されなければ、「安易に」原発の是非など語れないのです。そこのところを良く考えてください。

コメントを残す

Secret


ピックアップリンク

気になるバナーをクリック!

メールマガジン登録
日々の活動の様子や経過等、最新情報をメールマガジンでお伝えしています!
メールマガジン購読ご希望の方は↑をクリックあるいはこちらのアドレス44805256@ra9.jpに空メールを送信してください。折り返しで登録用のメールが届きます!
各地で勉強会・交流会あります! 地域別情報交流掲示板へ
各市区町村別の掲示板でお近くの方と情報交換ができます!都民投票実現にむけての勉強会など最新情報が充実!

イベント・学習会 情報

【都議会ってなにするところ勉強会】
都議選前の5.20に実施致しました「都議会って何するところ勉強会」の映像と勉強会の内容をまとめたまとめレポート(これを読めば映像を見なくても概要がわかる)です。 目からウロコの都議会ばなし!
 ヽ(‘A`)ノェェェ

 

学習会情報一覧は<こちら>をクリック!

最新記事

検索フォーム

プロフィール

「原発」都民投票の会

Author:「原発」都民投票の会
〒162-0823
東京都新宿区神楽河岸1-1 セントラルプラザ10階
東京ボランティアセンター 私書箱№17
FAX:03-6735-4583
Mail:tomintohyo.nuke@gmail.com

都民投票条例案

東京都に制定を請求する条例案と請求の要旨です。ご覧ください。

請求代表者による意見陳述

6/14総務委員会での意見陳述後、委員会の傍聴席に入りきれなかった多くの人たちのために再現された際の映像。都議会議事堂1階ホールにて。
■請求代表者による意見(PDF形式:223KB)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。