*All archives   *Admin

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

11/10(土)講演会「国立市上原裁判とは」

「原発」都民投票の会では、原発をやめられない社会をやめるためには、
まず身近な問題から政治への参加と自治を意識していくことが大切だと思っています。

人任せにせず、私たちが引き受けて考える社会を実現するためのヒントとして、
いろいろなモデルケースを題材にみんなで考える機会を持ちたいと思っています。

11月10日三軒茶屋にて、「原発」都民投票の会設立総会でもメッセージをいただいた、元請求代表者の上原公子さんをおむかえし、講演会を開きます。

ぜひ、皆さまふるってご参加ください。




「国立上原裁判とは?」

1年半に計23万筆の署名を集めた国立景観訴訟
事業者が起した損害賠償は10年後、国立市から上原氏個人に請求されています。

市民側に立ち政策実行した市長が個人で賠償しなければならないとしたら、
改革を目指す首長はどんな方法で政策を実現するのでしょうか。

国立上原裁判を住民、首長、それぞれの立場から考えていきます。

世田谷でも住宅地での再開発が進んでいます。
環境政策を進める首長の役割と責任について保坂区長から伺います。


国立市上原裁判とは

日時:2012年11月10日(土)18:30~20:30(開場18:00)
会場:三茶しゃれなあど・オリオン
   世田谷区太子堂2-16-7
   東急田園都市線三軒茶屋駅北口 徒歩1分
講演者:上原公子元国立市長
パネル:保坂展人世田谷区長
資料代:会員500円、一般700円
    ※当日会員申し込みの方は500円

お申し込みはお名前、連絡先を下記アドレスまでご送信ください。
web_team@tomintohyo.info
ファックスでのお申し込みは:03-6434-0579

主催:「原発」都民投票の会
共催:景観と住環境を考える全国ネットワーク
協力:世田谷から未来をつくる会

チラシPDFファイル


【よこっち】

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめ【11/10(土)講演会「】

「原発」都民投票の会では、原発をやめられない社会をやめるためには、まず身近な問題から政治への参加と

コメント

コメントを残す

Secret


ピックアップリンク

気になるバナーをクリック!

メールマガジン登録
日々の活動の様子や経過等、最新情報をメールマガジンでお伝えしています!
メールマガジン購読ご希望の方は↑をクリックあるいはこちらのアドレス44805256@ra9.jpに空メールを送信してください。折り返しで登録用のメールが届きます!
各地で勉強会・交流会あります! 地域別情報交流掲示板へ
各市区町村別の掲示板でお近くの方と情報交換ができます!都民投票実現にむけての勉強会など最新情報が充実!

イベント・学習会 情報

【都議会ってなにするところ勉強会】
都議選前の5.20に実施致しました「都議会って何するところ勉強会」の映像と勉強会の内容をまとめたまとめレポート(これを読めば映像を見なくても概要がわかる)です。 目からウロコの都議会ばなし!
 ヽ(‘A`)ノェェェ

 

学習会情報一覧は<こちら>をクリック!

最新記事

検索フォーム

プロフィール

「原発」都民投票の会

Author:「原発」都民投票の会
〒162-0823
東京都新宿区神楽河岸1-1 セントラルプラザ10階
東京ボランティアセンター 私書箱№17
FAX:03-6735-4583
Mail:tomintohyo.nuke@gmail.com

都民投票条例案

東京都に制定を請求する条例案と請求の要旨です。ご覧ください。

請求代表者による意見陳述

6/14総務委員会での意見陳述後、委員会の傍聴席に入りきれなかった多くの人たちのために再現された際の映像。都議会議事堂1階ホールにて。
■請求代表者による意見(PDF形式:223KB)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。