*All archives   *Admin

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

12月8日ー21日:各種イベント、講演会、上映会etc

12月8日ー21日:各種イベント、講演会、上映会etc.


内容等詳細につきましては各主催団体へお問い合わせください。

-----

目黒 第2回アゴラ・シンポジウム
「持続可能なエネルギー戦略を考える」


日時:12月8日(日)
13:00-18:00(開場 12:30)
場所:東京工業大学 蔵前会館
東京都目黒区大岡山2 "12 "1(東急目黒線・大井町線 大岡山駅前)

入場無料(定員200名 募集は近日告知します。)
申し込み:専用フォームより事前申し込みをお願いします。
http://www.gepr.org/ja/contents/20131111-04/


福島第一原発事故は、日本人が原子力とともに生きるかどうかの選択を突きつけています。他方、化石燃料には温暖化や大気汚染などのリスクもあり、私たちの直面している問題は単純ではありません。十分なエネルギーを利用し、豊かな環境を維持しながら、私たちは持続可能な文明を構築できるのでしょうか。
今年のアゴラ・シンポジウムでは世界から専門家を招き、国際的なエネルギーと環境の関係に注目して、未来に向けてどのようなエネルギーを選択し、どういう制度設計を行なうべきかを考えます。
第1セッションでは『放射能と理性』(徳間書店)の著者、ウェイド・アリソン氏の「放射線被曝は年間1シーベルトまで恐れる必要はない」という論争的な基調講演をベースに、日本人がリスクとどう向き合うかを考えます。
第2セッションでは、小泉元首相の発言をきっかけにまた盛り上がってきた「原発ゼロ」政策について、それが可能なのか、また望ましいのかを、原子力委員会の鈴木達治郎氏の基調講演をもとに討論します。
シンポジウムのもようはニコニコ生放送とUstreamで放送します(同時通訳つき)。

12:30 開場
13:00 第1セッション 「放射能のリスクを考え直す」
基調講演 「人類の放射能への恐怖は誤っている」
ウェイド・アリソン(オックスフォード大学名誉教授)

討論:
ポール・ブルーステイン(ブルッキングス研究所 客員研究員)
夏野 剛(慶應義塾大学特別招聘教授)
澤田 哲生(東京工業大学助教)
司会:池田 信夫(アゴラ研究所 所長)


15:15 第2セッション 「原発ゼロは可能か?」
基調講演「2030年に向けてのエネルギー政策」(仮)
鈴木 達治郎(原子力委員会 委員長代理)
討論:
橘川 武郎(一橋大学教授)
田坂 広志(多摩大学教授)
竹内 純子(国際環境経済研究所 理事)
司会:池田 信夫


18:00 終了
シンポジウム実行委員会

事務局:アゴラ研究所 〒101-0047東京都千代田区内神田2-14-3
メール:info@agorajp.com
電話:03-5209-0094
担当・石井孝明 ishii@gepr.org

* 関連情報は、アゴラ研究所の運営するウェブサイト「アゴラ」、エネルギー情報サイトGEPRに掲載します。

-----
文京
ドリームチームが提言する「日本の脱原発・エネルギー戦略」

「大阪府市エネルギー戦略の提言」出版記念シンポジウム

◆ 開催概要

日時:12月8日(日) 14時30分~17時(14時開場)
会場:明治大学グローバルフロント1階(グローバルホール)
(最寄駅)御茶ノ水駅下車3分
参加費:無料
参加お申し込み:お名前、組織名、ご連絡先を明記して、下記までご連絡ください。

※ 会場の関係で人数に制限があり、せっかくですがお断りせざるをえなくなることもあります。ご了承ください。

この度、「大阪府市エネルギー戦略の提言」(大阪府市エネルギー戦略会議)が刊行されました。本書は、「日本でもっとも信頼されたエネルギー戦略チーム」として、一年有余の討議を重ね、今後のあるべき道を初めて具体的に示した提言です。
福島第一原発の汚染水問題や、廃炉の在り方、再稼働などが問われるなか、本書の出版を記念して、再び「ドリームチーム」(大阪府市エネルギー戦略会議の元委員)が集って日本のエネルギー戦略を問うシンポジウムを行います。ぜひご参加ください。

問い合わせ・参加申込先:「日本の脱原発・エネルギー戦略」シンポジウム事務局
富山房インターナショナル だい、新井宛
【お電話の場合】03-3291-2578
【FAXの場合】03-3219-4866
【メールの場合】publication@fuzambo-intl.com

主催:冨山房インターナショナル
協力:元 大阪府市エネルギー戦略会議 委員一同
後援: 明治大学社会連携機構
MOS明治大学マネジメント・オブ・サスティナビリティ研究所
認定NPO法人 環境エネルギー政策研究所(ISEP)

◆ドリームチーム

植田和弘(京都大学大学院経済学研究科教授)/古賀茂明(元経済産業省大臣官房付)/飯田哲也(環境エネルギー政策研究所所長)/大島堅一(立命館大学国際関係学部教授)/河合弘之(さくら共同法律事務所弁護士)/佐藤暁(原子力コンサルタント)/高橋洋(富士通総研経済研究所主任研究員)/長尾年恭(東海大学海洋研究所地震予知研究センター長)/圓尾雅則(SMBC
日興証券株式会社マネージングディレクター)/村上憲郎(村上憲郎事務所代表)

http://www.isep.or.jp/library/5651

-----

杉並
第14回善福寺川フォーラム
善福寺川を里川にしよう

【開催日】
12月8日(日)
午後1時30分~5時
【開催場所】
・ あんさんぶる荻窪  荻窪5丁目15番13号  施設案内
・ 第1、2、3教室

善福寺川は下水道に破壊され、水質汚染が神田川や隅田川、東京湾へと広がっています。善福寺川に関心をもつ方々と改善策を話し合い、行政機関への意見書をまとめます。

【講師】東京都河川部の職員ほか
【対象】善福寺川に関心のある方
【定員】65名(先着順)
【参加費】無料
【申込み】当日、直接会場へお越しください。

【お問合せ先】
  ・善福寺川フォーラム実行委員会 電話03-3392-5231
http://www2.city.suginami.tokyo.jp/event/event.asp?event=20224

-----
杉並
第9回「外環の地上部街路に関する話し合いの会」


【日時】12月11日(水曜)午後7時~9時(6時30分開場)
【会場】あんさんぶる荻窪(荻窪5丁目15番13号)
【申込み】当日、直接会場へお越しください。
【その他】公共交通機関をご利用ください。

◇外環の地上部街路(外環の2)
外環の地上部街路(外環の2)は、高速道路の東京外かく環状道路(外環)のルート上に都市計画決定されています。
平成19年に高速道路の外環が高架方式から地下方式に都市計画変更されたことを踏まえ、東京都は、外環の地上部街路について、広く意見を聴きながら検討を進め、都の方針を取りまとめていくとしています。その一環として、都は、公募による地域住民、都市計画線にかかる町会・商店会の代表、外環PI委員、都・国・区で構成する「外環の地上部街路に関する話し合いの会」を開催しています。

◇第9回「外環の地上部街路に関する話し合いの会」を開催します
今回は、「外環の地上部街路の必要性(整備効果)」などについて、話し合いを行う予定です。傍聴を希望する方は、当日、直接会場へお越しください。なお、傍聴は杉並区在住の方を優先させていただきます。会場の都合により、傍聴者多数の場合は、入場をお断りさせていただくこともありますので、ご了承ください。

【問合せ先】
・東京都都市整備局都市基盤部街路計画課外かく環状道路係
:電話03-5388-3279
・都市整備部都市計画課都市施設担当:電話03-3312-2111(代表)、FAX03-5307-0689

http://www2.city.suginami.tokyo.jp/news/news.asp?news=15996
http://www.toshiseibi.metro.tokyo.jp/kiban/gaikaku/gairo-suginami.htm

-----
中野
中野区・区民と区長の対話集会、テーマ「平成26年度予算の主な取り組み(案)について」


日時:12月11日(水曜日)午後7時
場所:中野区役所

区民と区長の対話集会を12月11日(水曜日)午後7時から中野区役所で開催します。

http://www.city.tokyo-nakano.lg.jp/dept/101500/d017045.html

-----
杉並
関東大震災時の朝鮮人と現在


【開催日】
12月14日(土)
午後2時~5時(1時30分開場)
【開催場所】
・ 高井戸地域区民センター  高井戸東3丁目7番5号  施設案内
TEL 03-3331-7841(地域区民センター),03-3333-5399(地域活動係)
【内容】講師のお話と討論
【講師】田中 正敬(専修大学教授)
【対象】区内在住・在学・在勤の方
【定員】50名(先着順)
【参加費】600円(学生300円)
【申込み】当日、直接会場へお越しください
【お問合せ先】
・杉並歴史を語りあう会 山本直美 電話090-1804-5971

http://www2.city.suginami.tokyo.jp/event/event.asp?event=20468

-----
練馬
市民がつくるエネルギー政策 第3回

市民参加の地域エネルギー事業を成功させるワークショップ

日時:12月15日(日)
午後2時(開場午後1時30分)~午後4時30分
会場:練馬区役所20階会議室
西部池袋線・練馬駅下車徒歩3分

第1部:講演・新藤絹代さん(エコメッセ練馬/元気力発電所)
第2部:ワークショップ
資料代:500円※予約優先です(定員60名)

お問い合わせ:
090-4434-4748(高橋)
03-5912-9086(FAX)

主催:市民のエネルギーひろば・ねりま
http://enehiro-nerima.jimdo.com/

-----
世田谷
『原発再稼働による社会生活及び人体・環境への影響』

ジャーナリストの視点から医学的見地の検証

講 演: Aimee L. Tsujimoto (エイミー・ツジモト)
日 時: 2013年12月15日(日) 18:00~/開場17:30~
会 場: 成城ホール4階集会室E(東京都世田谷区成城6-2-1( )
交 通: 小田急線成城学園前駅北口から徒歩7分
参加費: 1000円
定 員: 60名(定員を超える場合は予約を優先します)
主 催: ヘレン・カルディコット財団(http://hcfj.web.fc2.com/)

予約は、ヘレン・カルディコット財団ホームページ「お問い合わせ」フォームよりお願いします。

申込フォーム:
http://form1.fc2.com/form/?id=879192

ヘレン・カルディコット財団HP
http://hcfj.web.fc2.com/index.html

『Aimee L. Tsujimoto(エイミー・ツジモト)』プロフィール
エイミー・ツジモトは、米国ワシントン州生まれの日系四世で
国際フリーランス・ジャーナリストである。
日本人移民に関する調査や国際情勢の記事を執筆するほか、
近著に太平洋戦争中にニュージーランドの捕虜収容所で起こった
暴動事件を克明に取材した「消えた遺骨」がある。
また、ヘレン・カルディコット財団の日本代表を務め、
東日本大震災以後は、各紙上で「フクシマ原発事故」に関する記事を執筆、
「内部被曝」に関する危険性を展開している。

-----
杉並
杉並区・【区立施設再編・使用料見直し】区民意見交換会


【日時】12月15日(日曜)午後1時~5時(予定)
【場所】区役所分庁舎(成田東4丁目36番13号)
【定員】40名(先着順)
【申込み】傍聴を希望する方は当日、直接会場へ
【その他】傍聴する方は直接議論に参加することはできません。

この区民意見交換会は、事前に無作為に抽出した18歳以上の1,000名の区民の方のうち、参加を希望した50名程度の方に少人数のグループ討議を行っていただくものです。
区民意見交換会は公開で行いますので、傍聴(見学)を希望する方は、時間中、直接会場へお越しください。

http://www2.city.suginami.tokyo.jp/news/news.asp?news=15832

-----
中野
中野区・区民と区長の対話集会、テーマ「自由討議」


日時:12月17日(火)午後7時から
場所:鷺宮区民活動センター
http://www.city.tokyo-nakano.lg.jp/dept/177200/d002453.html

区民と区長の対話集会を12月17日(火)午後7時から鷺宮区民活動センターで開催します。

これからの区のあり方や区政の課題について、直接区長と話し合ってみませんか。
手話通訳や一時保育を希望される方は、12月10日(火)までにお申し込みください。

http://www.city.tokyo-nakano.lg.jp/dept/101500/d017044.html

-----

世田谷第8回・上野毛あっぱれ!to the future プロジェクト
「今を生き、明日を生きるために ~原発の現状と、私たちの未来~」

▼開催日時
第8回 2013年12月21日(土)
受付開始18:45(開会19:15)
▽講演時間2時間、終演 21:45

▼開催場所
鈴蘭幼稚園(東京都世田谷区上野毛 2-15-15)
【電車】東京急行電鉄大井町線「上野毛駅」下車 徒歩3分
【バス】東急バス 園01、玉11、黒02、「上野毛駅」下車3分

▼講師
小出 裕章(こいで ひろあき)
京都大学原子炉実験所助教

▼ご理解いただきたいこと

本事業は、開催地域(世田谷区上野毛)の地域活性化を兼ねた事業として開催します。参加される方には、ぜひこの地域の商店を利用していただけましたら幸いです。また各回とも定員に限りがあります。より多くの方に聴いていただくためにも、参加が確実な方のみの登録とさせていただきます。
事前申込みをされた方でも、当日開会時間に遅れた場合には席の確保ができない場合があります。今回は会場への入場が出来なくなることも想定されますので、開会の5分前には受付にお越しください。また、事前申込みをされた方で、当日欠席された場合、次回以降のセミナーを受講できない場合がございますことをご了承ください。

▼参加申込み方法(良く読んでお申し込みください。)

受講希望者の方は、本文及びタイトルに『第8回上野毛セミナー受講希望』(必ず参加希望の回を記載願います)と明記の上、①名前、②メールアドレス、③住所(町名まで。例:東京都世田谷区上町)、④連絡先電話番号、⑤fax番号(メールが利用できない方)、をもれなくご記入の上、メールかFAXにて申し込みください。
▽「受講者番号」をお持ちの方は、「受講者番号」と「お名前」、「受講希望回」のみをお知らせいただければ結構です。

▽申込みメールアドレス
 kaminoge@rcd.jp
▽申込みFAX
 03-5426-2873

▽申込の際、フリーメールなどを使用すると、当方からのメールが届かないケースもあるようですので、ご注意ください。携帯やスマホからのお申し込みで、受信ドメインを指定されている方も同様です。
▽今回は、申込開始とともに申込が殺到し、定員が埋まってしまうことが想定されます。お申し込みをいただいても、受講受付ができないことがありますことをご了承ください。登録が出来たのかどうかを確認したい方も多いとは思いますが、確認メールは控えていただけますよう、お願い申し上げます。

-----

*内容等詳細につきましては各主催団体へお問い合わせください。


都民投票の会ホームページ
http://gennpatutominntouhyounokai.jimdo.com
都民投票の会ブログ
http://tomintohyo.blog.fc2.com/

(杉並・中野MLより)*各地の方、情報を是非お寄せください。

トラックバック

コメント

コメントを残す

Secret


ピックアップリンク

気になるバナーをクリック!

メールマガジン登録
日々の活動の様子や経過等、最新情報をメールマガジンでお伝えしています!
メールマガジン購読ご希望の方は↑をクリックあるいはこちらのアドレス44805256@ra9.jpに空メールを送信してください。折り返しで登録用のメールが届きます!
各地で勉強会・交流会あります! 地域別情報交流掲示板へ
各市区町村別の掲示板でお近くの方と情報交換ができます!都民投票実現にむけての勉強会など最新情報が充実!

イベント・学習会 情報

【都議会ってなにするところ勉強会】
都議選前の5.20に実施致しました「都議会って何するところ勉強会」の映像と勉強会の内容をまとめたまとめレポート(これを読めば映像を見なくても概要がわかる)です。 目からウロコの都議会ばなし!
 ヽ(‘A`)ノェェェ

 

学習会情報一覧は<こちら>をクリック!

最新記事

検索フォーム

プロフィール

「原発」都民投票の会

Author:「原発」都民投票の会
〒162-0823
東京都新宿区神楽河岸1-1 セントラルプラザ10階
東京ボランティアセンター 私書箱№17
FAX:03-6735-4583
Mail:tomintohyo.nuke@gmail.com

都民投票条例案

東京都に制定を請求する条例案と請求の要旨です。ご覧ください。

請求代表者による意見陳述

6/14総務委員会での意見陳述後、委員会の傍聴席に入りきれなかった多くの人たちのために再現された際の映像。都議会議事堂1階ホールにて。
■請求代表者による意見(PDF形式:223KB)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。