*All archives   *Admin

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

都議会における女性に対してのセクシャルハラスメント発言について 声明文

都議会における女性に対してのセクシャルハラスメント発言について 声明文
「原発」都民投票の会 2014.6.23


6月18日の都議会で、塩村あやか議員の妊娠や出産に悩む女性への支援策についての質問に対して、自民党の男性議員から「自分が早く結婚したら」「子どもを産めないのか」など女性の人権を侵害する野次がとびました。また聴いていたまわりの議員は嘲笑し、議長もそれを止めないという状況でした。

そもそも女性に対して結婚しろ、子どもを産め、などという言葉はセクシャルハラスメントであり、女性蔑視という最悪の言動です。都民を代表する都議会の場でこのような発言があったこと事態が由々しき問題で、人間としてはなはだしく人権意識が欠如しており、議員としての資質を追求されてしかるべきです。

塩村議員が取り上げた質問は、不妊治療の助成制度を国が削減することなり、東京都では特にこの制度を利用している女性が多く、都に助成の拡充を求めるきわめて重要な訴えでした。低劣な野次によりそれが隠れてしまい加えて真に悩んでいる当事者たちのことをも深く傷つけることになったことを大いに反省し、謝罪すべきです。

「原発都民投票の会」ではお任せにしない市民社会の実現を目指して、先の都議選では私たちの代弁者である議員は責任を持って選びたいと候補者と対話集会を行ない、その後も議会傍聴などの活動をしてきました。しかし市民からは実情がみえにくくこういった議員が選ばれている現状ははなはだ残念です。

本来議員は市民から多大なる信託を受け市民を代表して議会活動を行なう責任があり、その議員が人格を否定する発言をするなどは言語道断です。

今回のことは決して曖昧にしてはならず、都議会として責任を持って発言者を特定し、議会としてその場で容認した事を謝罪して、市民の代弁者として重大な任を負っている議員は人権についてあらためて勉強する機会をもうけるべきです。

本人はただちに辞職すべきですが、本人からの申し出がなければすみやかに辞職勧告し、さらに二度とこのようなことが起こらないように罰則規定をつくるなど都議会として厳重な策を講じるべきです。


「原発」都民投票の会 運営委員一同

トラックバック

コメント

コメントを残す

Secret


ピックアップリンク

気になるバナーをクリック!

メールマガジン登録
日々の活動の様子や経過等、最新情報をメールマガジンでお伝えしています!
メールマガジン購読ご希望の方は↑をクリックあるいはこちらのアドレス44805256@ra9.jpに空メールを送信してください。折り返しで登録用のメールが届きます!
各地で勉強会・交流会あります! 地域別情報交流掲示板へ
各市区町村別の掲示板でお近くの方と情報交換ができます!都民投票実現にむけての勉強会など最新情報が充実!

イベント・学習会 情報

【都議会ってなにするところ勉強会】
都議選前の5.20に実施致しました「都議会って何するところ勉強会」の映像と勉強会の内容をまとめたまとめレポート(これを読めば映像を見なくても概要がわかる)です。 目からウロコの都議会ばなし!
 ヽ(‘A`)ノェェェ

 

学習会情報一覧は<こちら>をクリック!

最新記事

検索フォーム

プロフィール

「原発」都民投票の会

Author:「原発」都民投票の会
〒162-0823
東京都新宿区神楽河岸1-1 セントラルプラザ10階
東京ボランティアセンター 私書箱№17
FAX:03-6735-4583
Mail:tomintohyo.nuke@gmail.com

都民投票条例案

東京都に制定を請求する条例案と請求の要旨です。ご覧ください。

請求代表者による意見陳述

6/14総務委員会での意見陳述後、委員会の傍聴席に入りきれなかった多くの人たちのために再現された際の映像。都議会議事堂1階ホールにて。
■請求代表者による意見(PDF形式:223KB)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。