FC2ブログ

*All archives   *Admin

11/4(日)15時~ 東京都知事候補について考えてみませんか?

原発都民投票条例案を読む以前から「反対」であると公言していた石原慎太郎氏。

『石原知事、原発の住民投票条例「作るつもりない」』 2012年2月10日18時51分 朝日新聞

『石原知事記者会見』2012/5/11

いよいよ明日10/31(水)に招集された第1回臨時会にて石原知事の辞任が都議会より承認されるようです。

■TOKYO MX(地上デジタル放送 9チャンネル)13時から生中継
議会ネット中継 13時から


石原知事は10/25(木)に開いた緊急記者会見にて辞意を発表しました。
石原知事緊急記者会見(テキスト全文) 2012年10月25日(木曜) 15時00分~15時48分

翌26日は新聞各紙が石原氏辞任のニュースを1面で伝えました。
20121026毎日新聞

石原氏が国政へ進出することをクローズアップする新聞もありましたが、
私たち都民にとっては、石原都政14年の総括、そして次に都政を預けられる候補者を考えることも重要です。


「入れたい人がいない」と、投票に行かない選択をする前に、

では、どんな人が立候補すれば、あなたは投票に行きたくなれるのか、一緒に考えてみませんか?


呼びかけ人は原発国民投票事務局長の今井一氏です。

現職の退いた後の都知事選は有力候補の乱立で票が割れることが予想されます。
まず、私たちが一緒に応援できる[勝てる]市民派候補について知恵を出し合いませんか?

2012年11月4日(日)15時~ 水道橋YMCA青少年センター 302号室
JR水道橋駅から徒歩5分、JR御茶ノ水駅から徒歩8分、地下鉄神保町駅から徒歩7分。

参加希望の方は、お名前、参加人数を明記の上、tokyo.g.e1212@gmail.com までお申し込みください。



東京都知事選挙は12月16日(日) 告示日は11月29日(木)です。

期日前投票11/30(金)から12/15(土)まで。
原則として8:30~20:00まで、区市町村の役所・役場などに設けられた投票所でできます。
出勤前に、お仕事帰りに、週末に。期日前投票のチャンスはたくさんあります。

今、未来を変えよう





都民投票の時も、大阪も静岡も、住民投票にかかる費用についてはあれこれと声があがりました。
費用を少なくするために、予定されている選挙と時期を合わせることも提案されました。

都知事の辞職は、せめて来夏の都議選まで待つことはできなかったのでしょうか…。


『また都知事選、費用50億円…前回から1年半余』 読売新聞 10月28日(日)12時38分配信

【よこっち】

「原発」都民投票の会発足 静岡・新潟からお祝いのメッセージをいただきました!

「原発」都民投票の会の発足お祝いのメッセージを、静岡、新潟からいただきました!

皆さんそれぞれにお忙しいなか、どうもありがとうございました。

20120510.jpg




原発都民投票の会 発足おめでとうございます!

この夏、静岡に多くの方々が応援に駆けつけて下さりましたこと、本当に感謝しております。
おかげさまで静岡県民投票は18万を超える必要法定数の3倍の署名を得ることができました。
しかし現在は、条例案の不備という行政の指摘と、第一会派である自民党が修正案を提出せず、第二会派民主党も未だ方針が纏まらないという大変厳しい状況になっています。

浜岡原子力発電所の再稼働の問題は、静岡県民のみならず東京都民はもちろん、人類の行方を左右する重大な事案です。
その選択は議員や官僚に委ねることなく主権者である私たち市民が行う必要性があると考えます。
10月11日の県議会最終日まで原発県民投票を実施できますよう諦めることなく働きかけを行っていく所存です。

本日はぜひ出席したかったのですが、議会開催中のため参加することができず本当に残念です。
しかし私たちは皆さんからいただいたこのご恩を決して忘れません。
今後ともご指導宜しくお願いいたします!


みんなで決めよう「原発」県民投票静岡
中部支部代表 成澤 聰(ナリサワ サトシ)


「原発」都民投票の会 発足おめでとうございます

表情が誇りに満ちていて、集団になっても個としての節度を保ちつつ全体として振る舞うことが出来、個々が主体的な判断力をもつ…
「理想的市民」というのが、わたしが都民投票のみなさまに対して感じていることであり、ずっと憧れ続けています。

みなさまからのたくさんのお力添えを頂いて、新潟でも法定署名数に達することができ、
「原発」新潟県民投票はこれから署名中断中だった地域の署名収集を経て本請求へと向かいます。

目的実現の為に、常に一歩も二歩も前にいて、険しい道を歩き、示してくださる都民投票のみなさまに心からの敬意を表すとともに、これからの会のご躍進を祈念いたします。


「みんなで決める会」原発新潟県民投票を成功させよう!
共同代表 橋本桂子




ただいま静岡県議会では、自民党および民主党がどちらも修正案を提出しないことを決め、
超党派の議員での修正案提出という方向で動いています。

『浜岡原発住民投票条例 修正案提出へ』
2012年10月4日 中日新聞 静岡


新潟では署名簿を各選管に仮提出し、
選挙により署名活動が中断していた新潟市西蒲区で最後の署名活動を続けています。

『柏崎原発「決める会」、県庁で会見』
2012年9月4日 新潟日報


ぜひ、都民投票の会の皆さまも、静岡・新潟への応援 よろしくお願いいたします!!



【よこっち】

10/1 都民の日 「原発」都民投票の会 発足総会開催!

いよいよ来週となりました 「原発」都民投票の会 発足総会のご案内です。

私たちは、福島原発事故をきっかけにして、色々なことを考えました。

なぜ、このような事故が起きてしまったのか、その原因のひとつには、
私たちの政治に対する「人任せ」「無関心」ということがあったのではないでしょうか?


たとえば、前の安倍内閣の時、福島で起きた事故と同様のケースを想定した質疑が国会で行われていましたが、
私たちはその経過をきちんと知って、判断していたのでしょうか?

H18.12.13「巨大地震の発生に伴う安全機能の喪失など原発の危険から国民の安全を守ることに関する質問主意書」提出者  吉井英勝
H18.12.22「衆議院議員吉井英勝君提出巨大地震の発生に伴う安全機能の喪失など原発の危険から国民の安全を守ることに関する質問に対する答弁書」内閣総理大臣 安倍晋三



私たちは、事故が起こってから、ようやく、人任せにして文句を言うだけだった過去を反省しました。
これからは、私たちひとりひとりが、考えて引き受ける社会にしていきたいと考えました。

そして、東京都ではじめての、条例制定のための直接請求運動に参加しました。
都民が議論を深め、意見を表明できる場を求めて、必死に署名を集め、都議会にも出かけました。


「原発をやめられない社会」をやめるために何ができるのか、
自分たちでできることを探した結果です。


都民投票条例案が否決された後も、考え続けました。

官邸前抗議活動などに足を運びました。
原発ゼロのパブリックコメントの提出を呼びかけました。
学習会やイベントを開きました。

原発問題をきっかけに、政治のこと、議会のことも もっと学んでいきたいと思いました。


都民投票条例が否決されたからといって、また、人任せにして文句をいうだけの社会には戻れない、
これで終わり、とバラバラになりたくない、そう感じた人々が、気がつくと集まっていました。


今、未来を変えよう

そのために、何ができるのか、一緒に考えて行ける会になればよいなと思います。

参加するひとりひとりが、考えたことを提案し、一緒に動いて行ける会になればよいなと思います。


たくさんのご参加をお待ちしております。


【よこっち】




平成24年10月1日(月)「原発」都民投票の会 が発足します。

私達は昨年末、原発稼動の是非を問う「原発都民投票」の署名活動を始め、多くの市民のサポートを得て、今年の5月10日に323,076筆の有効署名とともに「原発都民投票」実施条例の制定を求めた直接請求を東京都知事に対して行いました。

私達の条例案は、対話を通じて多く都議会議員の賛成を得ることが出来たものの、残念ながら6月20日に都議会本会議で否決されました。

しかしながら、この署名と直接請求の活動をきっかけに私達はつながり、この活動を通じて私達は市民の政治参加と自治、地方行政や議会の仕組み、原発・エネルギー政策やその課題など、実に多くのことを共に学ぶことが出来ました。

そして平成24年10月1日「都民の日」、「原発」都民投票活動の理念-民主主義の発展・原発をやめられない社会をやめる-を継承し、その理念の達成に向けて学び、活動することを目的として、私達は新たに「原発」都民投票の会を発足させることと致しました。

==================
「原発」都民投票の会 設立総会のご案内
==================

日時:平成24年10月1日(月) 19:00~21:00

場所:セシオン杉並
東京メトロ丸ノ内線「東高円寺駅」下車徒歩5分または「新高円寺駅」下車徒歩7分
東京都杉並区梅里1-22-32

総会への出席は会員申込登録が必要となります
>>会員申込・設立総会出欠確認画面へ

第5回《月1(つきいち)原発映画祭+交流カフェ》 @ひがし広場

第5回《月1(つきいち)原発映画祭+交流カフェ》
3.12を忘れない~映画で見る・知る・感じる原発~

9月1日(土)
都民投票から生まれた「ひがし広場」では、月に1度、原発/脱原発に関連した映画を観て、ゲストのお話を聞いたり、参加者同士で意見交換・情報交換をしたり、日ごろの思いや疑問を語り合ったりする交流の場を提供しています。

9月は鎌仲ひとみ監督の『内部被ばくを生き抜く』を上映します。

お子さん連れのお母さん方に気軽に観ていただけるよう、今回は【昼の部】を追加しました(15:00~映画上映のみ)。
【夜の部】では映画上映後に交流カフェがあります。福島第1原発事故以降、生活者目線で語る「おそれて、こわがらず」をネット※で発信しつづけておられる権上かおるさんをゲスト・コメンテーターに迎え、日々の暮らしの中での放射能汚染への疑問や不安なども含めて語り合いたいと思います。
(※谷根千震災字報 http://311.yanesen.org/

■『内部被ばくを生き抜く』
放射性物質を呼吸や食べものを通じて体内に取り込んでしまう内部被ばくの影響について、肥田舜太郎、鎌田實、児玉龍彦、スモルニコワ・バレンチナの4医師が経験と研究に基づいて語ったドキュメンタリー。
福島県二本松市で暮らし続けることを決めた一家の映像をはさみ、誰もが避けて通れなくなった内部被ばくの時代を生き抜く方法を探る。
http://www.naibuhibaku-ikinuku.com/

【昼の部】
14:30開場 
15:00~16:30映画上映 
参加費:600円(中学生以下無料)お子さんが遊べるスペースも少しあります。ただし保育はありません。

【夜の部】
17:00開場 
17:30~19:00 映画上映
19:10~20:30 交流カフェ
参加費:600円(交流カフェ参加の方は飲食代として別途300~500円のカンパをお願いします。

昼の部+交流カフェ参加もOKです)

会場:谷中の家(台東区谷中3-17-11) 
メトロ千代田線千駄木・JR日暮里・JR西日暮里下車徒歩7分。 
よみせ通り、延命地蔵を東へ入る、2筋目を南へ入って東側。

定員:昼/夜とも各30人(要予約)

申込み方法:以下のいずれかの方法で必ず予約をしてください。

・HPのフォームから 
【昼の部】http://kokucheese.com/event/index/49035/ 
【夜の部】http://kokucheese.com/event/index/49036/

・電話 090-1265-0097(植松)

・メール uematsu@kkd.biglobe.ne.jp (件名を「月1原発映画祭申込み」としてください)
※キャンセルされる場合は必ずご連絡をお願いいたします。

主催:地域から未来をつくる・ひがし広場 
http://www.jtgt.info/

開かれた都議会とは? 第3回東京都議会定例会は9月19日(水)開会

次回都議会定例会の日程が発表されました。

9月19日(水)開会です。


前回の都議会ではじめて傍聴に足を運んだ方も多いと思います。

開かれた都議会であったと思いましたか?


先日の都議報告会では、都議の皆さんにも、運営面で改善の余地がある部分を指摘していただきました。

たとえば、定員を超える傍聴希望者がいた総務委員会では、
早い人で二時間前から並ぶこともありました。
越えた分の傍聴席をどうするかの判断を待つため、昼ごはんもたべられずに、ずっとロビーにいなければならなかったということに、気づいてくださっていた都議の方もいました。

また、増席については開会後の決定になるため、
追加の傍聴券で傍聴する人は、初めの30分ほどを聞き逃すことになってしまうことも問題だとおっしゃる都議もいました。

そして、大きな委員会室に変更することは本当にできなかったのか?を指摘する方もいらっしゃいました。
(先日、参考人招致を行ったある委員会では、委員会当日に、開いている委員会室への変更があったそうです。)

これらの点については、きっと改善がはかられていくのではないでしょうか?


傍聴を続けていくことで、都民の側から見た「開かれた都議会」にむかって、
より改善が進んでいくといいですね。




そろそろ、都議会ウェブサイトに第2回定例会の本会議や委員会の速記録が掲載されてきています。
気になっていくつか読んでみました。


都議会報告会で西崎さんが、6/20の本会議で修正案も採決にかけられると思っていた、とおっしゃいました。

平成21年3月27日の大阪市議会定例会では、「議案第166号 関西電力管内の原子力発電所の稼働に関する大阪市民投票条例の制定について」は修正案、原案ともに採決にかけられたからです。


私は逆に、総務委員会で修正案が否決された場合、原案のみが6/20の本会議で採決されると思っていました。

19日になって、議事運営委員会の決定によっては、修正案も本会議にかけられるということを聞き、
たくさんの人が急いで都議会にむかいました。

□【緊急傍聴アクション!】議会運営委員会 報告


しかし、この日の議会運営委員会の速記録をみて、修正案も採決にかけるかどうかなど、
議会運営委員会ではまったく話しあわれなかったのだと知りました。

議会運営委員会速記録第三十五号 平成二十四年六月十九日(火曜日)
http://www.gikai.metro.tokyo.jp/record/gikai/d4050152.html

だいじなことは、非公開の理事会で話し合われる。 のが慣例のようです。
そういう「議会の作法」のことも、私たちはもっと知っていなければいけなかったのでしょうか。


開かれた都議会、もっと身近な都議会になるように、

せっかくの傍聴アクション、続けていければと思います。


【よこっち】

ピックアップリンク

気になるバナーをクリック!

メールマガジン登録
日々の活動の様子や経過等、最新情報をメールマガジンでお伝えしています!
メールマガジン購読ご希望の方は↑をクリックあるいはこちらのアドレス44805256@ra9.jpに空メールを送信してください。折り返しで登録用のメールが届きます!
各地で勉強会・交流会あります! 地域別情報交流掲示板へ
各市区町村別の掲示板でお近くの方と情報交換ができます!都民投票実現にむけての勉強会など最新情報が充実!

イベント・学習会 情報

【都議会ってなにするところ勉強会】
都議選前の5.20に実施致しました「都議会って何するところ勉強会」の映像と勉強会の内容をまとめたまとめレポート(これを読めば映像を見なくても概要がわかる)です。 目からウロコの都議会ばなし!
 ヽ(‘A`)ノェェェ

 

学習会情報一覧は<こちら>をクリック!

最新記事

検索フォーム

プロフィール

「原発」都民投票の会

Author:「原発」都民投票の会
〒162-0823
東京都新宿区神楽河岸1-1 セントラルプラザ10階
東京ボランティアセンター 私書箱№17
FAX:03-6735-4583
Mail:tomintohyo.nuke@gmail.com

都民投票条例案

東京都に制定を請求する条例案と請求の要旨です。ご覧ください。

請求代表者による意見陳述

6/14総務委員会での意見陳述後、委員会の傍聴席に入りきれなかった多くの人たちのために再現された際の映像。都議会議事堂1階ホールにて。
■請求代表者による意見(PDF形式:223KB)